【2/28投稿締切】インタラクティブ映像メディアの最前線 特集論文募集 

当協議会の伊達宗和幹事がゲストエディターを務める電気学会の特集論文の募集があります。今年度の成果の論文化の対象として是非御検討ください。

  電気学会論文誌C

 

「インタラクティブ映像メディアの最前線」特集

Forefront of Interactive Visual Media Technology

論文誌C(電子・情報・システム部門誌)では,平成2610月号に「インタラクティブ映像メディアの最前線」と題して各種のインタラクティブ映像メディアに関わる研究成果を中心に,論文を広く募集します。

近年,ディスプレイは放送映像や情報端末機器の出力の表示にとどまらず,仮想世界,映像入力,センサ情報等と連携して,現実感,臨場感,ユーザインタフェース,現実と仮想の融合などあらたな情報社会を目指した研究が数多く行われています。これらの技術や,技術を支える知覚,入力,センシング,処理に関する研究成果を幅広く募集いたします。他にも,これらの技術を連携したシステムなど最新のインタラクティブ映像メディアに関する研究成果を,下記のキーワードを参考に奮ってご投稿ください。

 

キーワード:ディスプレイ,視覚,マルチモーダル,ウェアラブル,拡張現実(AR: Augmented Reality),複合現実(MR: Mixed Reality),仮想現実(VR: Virtual Reality),モデリング,シミュレーション,タッチパネル,センシング,コンピュータビジョン,画像処理,信号処理,ヒューマンインタフェース

投稿締切:   平成26年2月28日(金)
詳細は電気学会の論文投稿手続きに従って下さい。「締切厳守」でお願い申し上げます。http://www2.iee.or.jp/ver2/honbu/28-magazine/index.html から原稿作成の手引きをダウンロードできます。

投稿方法:   投稿は電子投稿・査読システムで受け付けます。
https://submit.iee.or.jp/main/cgi/sstk-top.cgi からご投稿下さい。
電子投稿・査読システムの「論文・資料・研究開発レターの投稿」画面において「論文誌C」を選択し,次に原稿種別(論文/資料/研究開発レターのどれか)を選択した後,「原稿投稿」画面において「インタラクティブ映像メディアの最前線」特集を選択して下さい。電子メールを用いた投稿,郵送での投稿は受け付けられませんのでご注意下さい。

http://www2.iee.or.jp/eiss/index.php?%E8%AB%96%E6%96%87%E8%AA%8C%2F%E7%89%B9%E9%9B%86%E5%8F%B7%E3%81%AE%E8%AB%96%E6%96%87%E5%8B%9F%E9%9B%86


カテゴリー: その他, 会員情報, 立体ニュース   パーマリンク