日本の三大ショッピングサイト比較

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、様々な業界でデジタル化が進みました。また、お家で過ごす時間が大幅に増えたため、オンラインショッピングサイトの売上も爆発的に上がっているとか…。

買い物を自宅で済ませられるのは、本当に便利ですよね。そこで、本記事では、ネットショッピングは初心者から、さらに使いこなしたい中級ユーザーまで向けに、日本の日本の三大ショッピングサイトを比較していきます。

Eコマース

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングを比較

ショッピングサイトといえば、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングです。この3社はどう違うのでしょうか?まず、Amazonは自社販売が基本ですが、マーケットプレイスとして外部業者も出店しています。一方、楽天市場とYahoo!は完全ショッピングモール型であり、自社販売は行っていません。楽天とYahoo!が運営するモール内で、外部業者が販売を行っている形です。

おすすめサイトは買い物の頻度による

どのサイトが一番いいかは、買い物の頻度にもよります。たまにしかネット通販を利用しない人ならばAmazonがおすすめです。ポイント還元は少なめなものの、シンプルで使いやすいサイト仕様で、また、送料サービスなどもあるプライム会員が他のサービス(プライムビデオ、音楽配信など)も含めて年会費4900円(月額500円)とお得です。

より頻繁にネット通販を利用する人や、もっとポイントをためたい!という人は、楽天市場かYahoo!のどちらかに決めて使い込むのがおすすめ。同一商品の出品も多い両サイトですが、実は価格差はあまりないので、純粋にポイントだけに着目してもいいかも。

ポイントを貯めるコツは、不随サービスを併用すること、例えば、楽天アプリや楽天カードなど、楽天のサービスを利用している人は楽天市場でポイントがたまりやすいです。

Yahoo!ショッピングでいえば、スマホはソフトバンクやYモバイル、キャッシュレス決済はPayPayという人は、Yahoo!のほうがためやすいです。ヤフーもクレジットカードを発行しているので、併用すると更にお得になります。

家電は家電量販店がお得かも

ここで注意したほうがいいのは、家電の場合は、大手家電量販店のオンラインストアの方がお得に買える場合もあること。面倒くさがらずにきっちり比較すればかなり節約できるかも。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*