文教大学高田哲雄教授が韓国美術協会会長賞を受賞

文教大学高田哲雄教授が「アジア環太平洋美術大賞展」で韓国美術協会会長賞を受賞しました。

4月20日に韓国ソウルで開催された「アジア環太平洋美術大賞展」において、文教大学情報学部メディア表現学科高田哲雄教授が韓国最大規模の団体である韓国美術協会会長賞を受賞しました。受賞した作品は題名「無常の風」Evanescent Wind (メディア・アート:絵画F8号)で”平和を願い、炎のなかで苦行する地蔵菩薩の姿”を描いたものです。

開催期間 4月20日~26日
開催場所 韓国ソウル特別市 鍾路区(チョンノグ) 寛勲洞(クァヌンドン) 182
KCDFギャラリー(財団法人韓国工芸デザイン文化振興院)
公益社団法人亜細亜美術協会 協賛
問い合わせ mmtake@shonan.bunkyo.ac.jp 高田教授

写真は会場KCDFギャラリー、受賞作品、授賞式、賞状です。

会場KCDF

高田哲雄先生作品

受賞式の写真

賞状


カテゴリー: 会員情報, 立体ニュース, その他   パーマリンク