【5/8開催】3Dプリンタ -立体協ラウンドテーブル-

このたび、以下日程にて立体協「ラウンドテーブル」を開催いたします。
※「ラウンドテーブル」はセミナーにありがちな一方通行の情報提供ではなく、
 登壇者同士や来場者との対話やディスカッションを可能にすることを目的と
 しております。

今回は「3Dプリンタ」をテーマに開催いたします。
ふるってご参加ください。

参加のお申し込みは文末返信フォームにて【5月2日(金)】までに
事務局 喜多(n.kita@adcom-media.co.jp )までご連絡いただくようお願い
申し上げます。
--------------------------------------------------------------------------
立体協ラウンドテーブル「3Dプリンタ」

3Dプリンタは現在非常に注目されており、製品も多数登場、利用者も急増している。
マスコミでも広く取り上げられている。今後重要な役割を担う製品であることは、
疑いのないところである。

しかしながら、その現状については、実際に利用していない人でなければわからない
ところも多く、誤解も生じかねない。顕在化していない問題もあるはずである。
現在なにができるのか、なにができないのか、将来についての展望はどうか、という
情報が、十分に周知されているとは言えない。

そこで、本ラウンドテーブルでは、実際に3Dプリンタに携わっている方々より話題を
提供いただく。その上で参加者を含めた議論を行い、3Dプリンタの現状理解、
及び将来像の構築を目指すものである。

●開催日時:5月8日(木)15:00~17:00
●会場  :東京工芸大学 中野キャンパス 3号館3101教室
      http://www.t-kougei.ac.jp/guide/campus/nakano/  
●参加費:立体協会員 無料
          非会員参加費 3,000円
            ※ただし、当日5,000円をお支払いただければ、
             個人会員として立体協入会、2014年度分年会費
             として徴収させていただきます。

●プログラム:
15:00-15:05:開会あいさつ
15:05-15:35:本倉秀仁様(株式会社Too)-「(仮)ビジネスの現状、市場動向、及び将来像」
15:40-16:00:高梨令先生(東京工芸大学)-「(仮)教育現場での事例紹介①」
16:05-16:20:名手久貴先生(東京工芸大学)-「(仮)教育現場での事例紹介②」
16:20-17:00:参加者を交えたディスカッション
17:30-       懇親会

※ラウンドテーブル終了後、中野坂上駅周辺にて交流会を開催いたします。
 参加費はお一人あたり3,000円~4,000円を予定しております。
 講演者の皆様にもお時間が許す限りご参加いただく予定です。
 こちらもぜひふるってご参加ください。

カテゴリー: 立体協, 立体ニュース, 主催・共催   パーマリンク