三次元映像のフォーラム:新しいS3Dの世界を観よう!(9/11)

最先端S3D(立体視)映像シンポジウム

新しいS3Dの世界を観よう!

【4K時代に向けて:実際の優れた4K裸眼3Dを体感】

日時: 2013年 9月 11日(水)  10:00~16:40  懇親会(無料) 16: 50~
会場: 東北大学 電気通信研究所(片平キャンパス)2号館4階大会議室
4K-3D裸眼立体映像上映: ①10:00~、②11:00~、③14:10~、④16:40~(同一内容)
住所: 980-8577 宮城県仙台市青葉区片平二丁目1-1
(地下鉄ご利用の場合:五橋駅下車。北2番の出入口より地上へ、徒歩約8分)
地図:http://www.riec.tohoku.ac.jp/access/    http://www.riec.tohoku.ac.jp/access/riec_map2013-m2.png


会費:3Dフォーラム会員 無料、一般 3000円、学生 2000円 ※資料代、 4K-3D映像鑑賞費込
定員:50名
連絡先:三次元映像のフォーラム http://www.s3dforum.com/
主催:三次元映像のフォーラム(兼第105回研究会)

協力:東芝科学館、バートン、フォーラムエイト他
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【プログラム】
9:30~ 受付開始
10:00~11:00 4K3D(裸眼立体)映像
11:00~12:00 4K3D(裸眼立体)映像

12:00~13:00 昼休
13:00~13:10 挨拶・座長(司会):羽倉 弘之 (3Dフォーラム:代表幹事)
13:10~13:40 講演1 『 簡単3DCG制作のための自動スケルトン生成方式

青木 輝勝(東北大学 未来科学技術共同研究センター 電気通信研究所)

13:40~14:10 講演2 『 Google Earth API を用いた航空機随伴渦運動の3D表現およびその背景

長島 慎二 (東北学院大学 工学部 機械知能工学科)

14:10~15:00  休憩・4K3D(裸眼立体)映像

15:00~15:30 講演3 『 原子配列を記録できる新しいホログラフィー技術

林 好一 (東北大学 蛍光X線ホログラフィーGr 小グループ代表)

15:30~16:30 講演4 『 災害時に於ける3D画像の効用』 (パネルディスカッション形式)

黒田 克夫 (3Dカメラマン)

16:30~16:40 閉会の挨拶:青木 輝勝 (東北大学未来科学技術共同研究センター電気通信研究所)
16:40~18:00 懇親会(無料)、4K3D(裸眼立体)映像

 

展示:

◎ 被災地3D画像写真他。

◎ 空中浮遊映像(バートン製)。

◎ 3D表示可能なDMD(Digital Movie Director)システム(東北大学)。

◎ 立体映画:超高画質(4K)による初めての裸眼立体映像(東芝)。

◎ 3D簡易型ドライビングシミュレーション(UC-win/Road)(フォーラムエイト)

 


カテゴリー: 立体ニュース   パーマリンク