【開催報告】(2012.6.1)立体協総会・記念講演会

●日時:2012年6月1日(金)
     総      会  13:10~13:50
     記念講演会 14:00~17:00
     拡大交流会 17:15~19:15

 ●会場:東京工芸大学 中野キャンパス本館 02教室
     (地下鉄/東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線-中野坂上駅
      下車徒歩約7分)

 【記念講演会】
14:00~14:05 2012年度会長挨拶
14:05~14:50 「3D表示技術 ― 空中像,視覚,錯視,思い込み ―」
  講師:徳島大学 陶山史朗氏(質疑応答含む)
14:50~15:00 休憩
15:00~17:00「立体はなぜ流行らないか?」
 「第三の波」と言われた、<立体(3D)映像>ですが、なかなか立ち上がらな 
 い、というのが一般の印象でしょう。
 ただ、日本以外では立ち上がっている、という話もあります。
 このような現状について、専門家集団が徹底討論いたします。

 司会:坂田恵美子氏(ふじわらロスチャイルドリミテッド)
 登壇(五十音順):大口孝之氏(映像ジャーナリスト)・掛谷英紀氏(筑波大)・
            陶山史朗氏(徳島大)・名手久貴氏(東京工芸大)・
            町田 聡氏(アンビエントメディア代表)・
            渡部健司氏(東京工科大学特任教授/(株)デジタルキャンプ)


カテゴリー: 立体協, 主催・共催, 開催報告   パーマリンク