【協賛】(11/10開催)高臨場感ディスプレイフォーラム2011

テーマ: 臨場感を伝える。

ありのままを再現するだけでなく、人が知りたいこと、感じたいことをリアルに伝えたい。リアルを目指し、リアルを超える、そんな臨場感を伝えるための技術やその応用について、コンテンツ、ヒューマンファクター、表示デバイスなど、幅広い視点で研究成果を紹介いただき、議論を深める場としたいと思います。

日時:2011年11月10日(木)10:45~17:50

会場:NHK放送技術研究所

〒157-8510 東京都世田谷区砧1-10-11 (http://www.nhk.or.jp/strl/aboutstrl/map.html)

小田急線成城学園前駅からバス約10分、東急田園都市線用賀駅からバス約15分

参加費:無料(資料代のみ有料(冊子または電子ファイル)\1000程度の予定)
事前の参加申し込みは必要ありません。

共催/連催(予定を含む):電子情報通信学会(電子ディスプレイ研究専門委員会),電気学会(電子デバイス技術委員会スマートユビキタスディスプレイ調査専門委員会),映像情報メディア学会(映像表現&コンピュータグラフィックス研究委員会,情報ディスプレイ研究委員会,立体映像技術研究委員会),画像電子学会(企画委員会),日本バーチャルリアリティ学会(順不同)

協賛(予定を含む):映像情報メディア学会(メディア工学研究委員会),SID日本支部,科学技術振興会,画像電子学会(多次元画像研究委員会),芸術科学会,3Dコンソーシアム,三次元映像のフォーラム,照明学会(光関連材料・デバイス研究専門部会),電子情報通信学会(画像工学研究専門委員会),日本映画テレビ技術協会,日本液晶学会,日本光学会(ホログラフィックディスプレイ研究会)立体映像産業推進協議会,超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム(順不同)

プログラム:

■開会挨拶(10:45-10:50)  伊達宗和(NTTコムウェア)

■招待講演Ⅰ(10:50-12:20)座長:小黒久史(凸版印刷)

  1. ステレオ空中写真を次世代に活かせ
    -震災から学ぶ画像情報のあり方-    中北理(森林総合研究所東北支所)
  2. 音のリアリティ-脳と身体のメカニズム- 柏野牧夫(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)

■展示・昼食(12:20-14:00)

講演者によるデモ展示を予定しています

■招待講演Ⅱ(14:00-15:30) 座長:中田充(NHK放送技術研究所)

  1. スーパーハイビジョンの映像パラメータと心理物理効果           西田幸博(NHK)
  2. ロボットを介した身体的遠隔対話システムの研究                葛岡英明(筑波大)

<休憩およびNHK技研見学>

■招待講演Ⅲ(16:15-17:45) 座長:奥村治彦(東芝研究開発センター)

  1. 4K映像技術登場から10年-高臨場感システム最近の成果-      山田邦男(JVCケンウッド)
  2. 小型3Dディスプレイに於ける臨場感とは?-携帯型 裸眼3Dの現状と課題- 堀越力(NTTドコモ)

■閉会挨拶(17:45-17:50)  小黒久史(凸版印刷)

■懇親会 講演終了後、懇親会(有料)を予定

問合せ先:代表幹事: 伊達宗和(NTTコムウェア) E-mail:kourinjoukan11(at)display.jpn.org

※タイトル、開始時刻、講演順は変更になることがあります。最新情報は共催/連催学会のホームページでご確認ください。


カテゴリー: 立体協, 協賛・後援   パーマリンク